「ブッダの嘆き」上映会開催します。「朗読への招待」当日

映画「ブッダの嘆き」
   チャリティー上映会
3月24日 午後4時~
 会場 ともいき舎

ブッダ生誕の地といわれるシンガハム地方のジャドゥゴダにおいて、ウラン鉱山から輸送パイプの一本が破裂し、放射性廃棄物が近くの小川に流れ込むという重大事故が発生したということです。緊急国際署名の依頼が来ております。
子どもたちのシェルター建設へ協力するためにチャリティー上映会を急遽開催することといたしました。奮ってご参加下さい。また下記にカンパの送り先を書かせていただきましたので、上映会に来られない方はそちらの方にご協力をお願い申しあげます。


---- 緊急 ! 皆様へ ----
 ドキュメンタリー映画『ブッダの嘆き』を作ったインドのシュリプラカッシュ監督から下記のような国際署名のお願いが届きました。
シュリプラカッシュさんのメールによりますと、昨年12月24日、ジャドゥゴダの放射性廃棄物の輸送パイプの一本が破裂し、廃棄物が近くの小川に流れ込んでしまったということです。
嘆願書は、インドのエネルギー省など、関係当局に至急
できる限りの対応策を講じるよう要請するものです。
国際署名サイト  
インターネットに接続していない方で署名をしたい方はともいき舎事務局小張までご連絡下さい。代筆させていただきます。℡/fax862-5450

子どもたちのシェルター建設にご協力ください
私たちがジャドゥゴダの人々の惨状を知ったきっかけは、
ドキュメンタリー映画『ブッダの嘆き』との出会いでした。
ジャドゥゴダのウラン公害を告発し、核被害者を少しでも支援したいと「ブッダの嘆き基金」を発足、2000 年8月には住民代表を日本に招いてスピーキングツアーを行うなど、活動を始めました。中立的な機関による詳しい実態調査や医療面での支援など、
様々な課題があります。そんななかジャルカンディー反放射能同盟から子どもたちのシェルター建設への支援要請が届きました。
現地には障害を持って生まれた子どもたちがたくさんいますが、親が早死にすることも多く、身寄りをなくした孤児が増えています。
この子どもたちに、食べ物と寝る場所を与える施設(シェルター)がぜひとも必要なのです。
放射能の影響のない場所に施設を建設し、ひいては医療や教育を受けながら暮らせる場にしていきたいというのが現段階の計画です。
●募金に協力してください 
 シェルター建設には最終的には450 万円ぐらいかかると見積もられています。
現地ではすでに資金集めが始まっていて、順次建設を始めていく意向です。
ご寄付いただける方はお近くの郵便局よりご送金ください。
カンパ送り先:郵便振替00140-1-554248 ブッダの嘆き基金
上映に来て頂ける方は当日カンパを申し受けまとめて送らせていただきます。
●伝えてください 
ジャドゥゴダの問題は日本ではまだまだ知られていません。
配布いただける方にはリーフレットをまとめてお送りします。また映画『ブッダの嘆き』のビデオを貸し出しています。
●スタッフになってください
資金援助のほか様々な活動をしていきたいと考えています。協力いただけるスタッフを募集します。
その他、あらゆる形の支援を求めています。ご連絡をお待ちします。
ブッダの嘆き基金(ジャドゥゴダ核被害者を支援する会)
〒182 -0024 調布市布田2 -2 -6 みさと屋・調布原水禁事務局 藤川康志
TEL :0424- 87- 1714 FAX :0424- 87- 1742 E- mail :misatoya@pep.ne.jp


--------------------------------------------------------------------------------
ブッダ生誕の地ともいわれるインドのビハール州南部シンガハム地方のジャドゥゴダにウラン公社が1962年に進出。この地は最下層で貧しい暮らしを営む先住民が多く住む地域で、公社は、鉱山、精錬所から出る廃棄物、廃液を未処理のまま垂れ流しています。更に他の核施設からの廃棄物も持ち込まれています。
 臨時工として雇われた人たちに対する安全教育はおろか、マスクなど放射能に対する防護は何もなく、法律で定められた健康診断さえ、行っていない劣悪な労働状況のなかで、働かされています。廃棄物の詰まったドラム缶は破損し野ざらしの状態。放射性廃棄物が砂嵐として舞い上がり、村人が生活水として使用する川に流れ込むという状態です。村人たちのあいだに、ガン、白血病、流産・死産、奇形、先天異常、皮膚疾患などいう病気が多発しているのです。なにも知らされていない先住民は、はじめは原因がわからなかったが、やがて事実に気づき、政府、会社に対して安全の確保、情報の公開を求めています。しかし政府、会社は「危険はない、安全だ」と繰り返し「ガンはこの地だけの問題ではなくインド全土で起こっている」などとし、労働者の健康状態に関するあらゆる調査結果を公表することを禁止しています。
 インド政府は核実験成功のとき「ブッダは微笑えんでいる」と誇らしげに発表しました。しかしその裏でジャドュゴダの人々の生活が放射性廃棄物によって破壊されていったのです。放射能のゴミがあふれる現状は、日本も同様であり、これらは未来へ引き継がれる負の遺産なのです。

[PR]
# by hitati24 | 2007-02-13 06:11

「朗読への招待」開催します

朗読への招待 作品のもうひとつの表現と広がりを求めて
 
 3月24日
e0097624_10584789.jpg
(土)午後12時30分から

会場 ともいき舎  〒305-0004つくば市柴崎955-5 ℡029-857-8845

朗読 大西陽子さん  土浦市在住 
             十里舎でんでん「ことばの会」
             6中地区公民館「さざなみの会」メンバー
あらしのよるに
おおかみとやぎが小さな小屋で出会います・・・
姿の見えない暗闇の中で、かけがえのない友人となる2匹。
友情、恋愛、異文化理解―さまざまに読み解ける「大人の絵本」と
して空前のヒットとなった「きむらゆういちさん」の創作絵本からお話して頂きます

凧になったお母さん
野坂昭如の戦争童話集の一作
戦火の中で、我が子を守って自らの水分を与え続けた母親の物語

会費 1000円(昼食付)
主催  常陸24条の会 

申込み℡小張029-862-5450 携帯090-9108-0464
       saeko@obari.com

ともいき舎の名は、ともに生きていく為に
            手を繋ごうという意味で名づけました。

毎月24日 午後6時30分~
「常陸24条の会 定例会」を開催いたします。どなたでも参加できます。
   一緒に社会のこと、世界のことお話しましょう。 是非おいで下さい。
[PR]
# by hitati24 | 2007-02-08 10:57

日本の教育、どうなるの?

23日の秋祭りは、お蔭様で盛況のうちに終わることができました。
ありがとうございました。

今日は午後6時から日比谷野外音楽堂で教育基本法改悪反対集会がありますので、
長田先生や星先生と一緒に参加しようと思っています。

じっとしていられない気分なのです。

現総理官邸HPの中に掲載「教育改革国民会議」
「一人一人が取り組む人間性教育の具体策」
www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html

しつけ3原則」の提唱・実施
 甘えるな ・ 他人に迷惑をかけるな ・生かされて生きることを自覚せよ

満18歳で全ての国民に1~2年間の奉仕活動を義務化

子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールし覚悟してもらう。「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック療法を行う。
一定レベルの家庭教育がなされていない子どもの就学を保留扱いする。
他の子どもの学習する権利を妨げる子どもを排除する権限と義務を学校に付与する

警察OBを学校に常駐させる

その他にも
団地、マンション等に「床の間」を作る
青少年施設、自治公民館等での合宿 遠足でバスを使わせない
お寺で3~5時間座らせる等の「我慢の教育」をする
地域の偉人の副読本を作成・配布する
学校に畳の部屋を作る
学校に教育機関としてのシンボルを設ける

などの噴飯ものの項目が並んでいるこの提言文書 !

上記のURLをクリックして是非読んで下さいね。
この文書が作られたのは平成12年のこと。

教育基本法改悪の底辺にはこういう考え、方向があるのです。
愛国心を強制するということが、どういう意味なのかに無関心でいるうちに、日本がどんな所に持っていかれるのかを思うとぞっとします。

皆様も是非今日の集会に参加しましょう!
[PR]
# by hitati24 | 2006-11-29 05:44 | お祭り

本日開催[

e0097624_4421035.jpg

[PR]
# by hitati24 | 2006-11-03 04:42

赤松先生より書籍の御寄贈

昨日赤松良子先生のお宅に伺ってまいりました。

以前からともいき舎にご本を寄贈してくださるとお申し出がありながら、忙しさに取りまぎれてそのままになっていたことが心苦しくていましたので、やっとその任を果たせました。
段ボール箱2箱分の本をいただいてまいりました。
近いうちに整理をしてともいき舎でご披露申しあげたいと思います。

「教育基本法の改悪は、憲法改悪への一里塚なんだから何としてもやめさせなければ・・・」と力強くおっしゃっておられました。

また第19回東京国際女性映画祭で『ショッキング・ファミリー』という映画が上映され、とても良かったという話をされていました。

[『ショッキング・ファミリー』  「家族」という社会的システムに疑問を持ち、完全なる一個人としての自分を獲得するために苗字を捨てたキョンスン監督とそのスタッフ。新しい価値の創造に挑戦し、行動する、楽しき女性たちのドキュメンタリー。(韓国/2006年/111分) ]

韓国では少子化が恐ろしい速度で進んでいる、出生率1.05とか1.02とかいう数字だということで、これは放置できないということから2005年に韓国で法案が可決して2008年から「戸主制廃止」実施されるのですが、聞くところによると戸主制はとんでもない状況を生み出してきたという。
女は要らないとする考えと、性別が出生前に判明する医学の進歩によって、女の子と分かった段階で中絶される場合が多く、男女の比率がとてつもなくいびつになってしまったのだそうです。
戸主制は、戸主(家長ともいう)の継承順位を定めたもので、男性優位の戸主継承で仮に父、母、息子の家族構成で父が死んだ場合は息子が戸主になる。「戸主制廃止」が実施されると何が変わるのかといえば以下のようなことです。
・子供に母親の姓を付けることができる
・戸籍が廃止されて各個人の身分登録簿になる
・再婚家庭の子供の姓を養父の姓に変更することができる
・離婚した母親も子供との親子関係を成立できる

ということは、戸主制廃止前はこういうことができなかったわけで、女性の人権は韓国ではひどいものなのです。そのほかにも子供を海外養子輸出したり、様々な問題があるようです。

日本もひどいけど、韓国もひどいですね。
[PR]
# by hitati24 | 2006-11-02 08:09

お知らせです。

お知らせがいろいろございます。
11月3日「ほうせんかの会」(代表江口昌子さん・常陸24条の会会員)のバザーがございます。
長田先生が24条の会としてカレーを出品されます。お時間のある方、どうぞお手伝いに、あるいはお買い物にお友達を誘ってぜひおいで下さい。

 若桑さんの講演会記録が、赤嶺さんの努力で「常陽新聞」に17回(週4回)の連載となりました。
e0097624_7373334.jpg
(画像をクリックしていただくと多少大きくなります。)
「慰安婦」問題の取り組みとしても前例のないことかと思います。
国会の冒頭のやりとりを見ても、「慰安婦」問題は、歴史認識・戦後補償・・・教育の面から、大きくは今後のための大きな課題だと思います。事実は勿論、「国」としてどういう問題なのかをはっきりさせないで来たために、多くの人にとって、自分の関わっている平和や人権運動への見通しのなさや手詰まり感を抱く、深いところでの原因になっているように思えます。若桑みどりさんはジェンダー文化史、美術史の学者」の立場から、この課題をとりあげてきました。
  
皆さんにお読み頂きたいと願っています。そして感想を新聞社にお寄せください。それが、大きな後押しになる筈かと思います。 できれば、この期間だけでも「常陽新聞」をおとりください。℡821-1689常陽新聞文化部赤嶺さんまでおねがいします。
 江口

現在大新聞はきわめて自己規制が強くて、記事に偏向の度合いが
進んでいる中、地元地方紙の果たす役割は大きく
特に常陽新聞は頑張っていると思います。みんなで応援したいですね。
[PR]
# by hitati24 | 2006-11-02 07:41

「常陸24条の会」秋祭り開催

秋祭り開催します
11月23日 (木・祝) 13 時~20時

24条ベンガルカレー」「淹れたてコーヒー」オリザ舎「特製肉まん」
産直野菜、書籍、手作りアクセサリー、雑貨の販売等々
そして18時より上映会(入場無料・事前申込先着30名迄)もいたします
楽しく語りあいましょう。お誘いあわせの上おいで下さい。
会場 ともいき舎 (雨天でも開催します)
つくば市柴崎955-5 ℡029-857-8845
問合せ連絡先 長田 090-7845-6599 ℡029-856-2286
小張佐恵子 ℡/fax 029-862-5450 携帯090-9108-0464 saeko@obari.com
以下の画像はクリックするとよりはっきりご覧になれます。
e0097624_18404517.jpg

『ホテル・ルワンダ』
1994年アフリカのルワンダでは、フツ族とツチ族の民族抗争がエスカレートし、フツ族はツチ族の大虐殺を開始。そんな中、ホテル支配人を務めるフツ族のポールは、妻がツチ族であることから家族を護ろうとしていたが、彼を頼って集まってきた難民たちを見ているうちに、彼の心の中で何かが変わり独り、虐殺者たちと対峙することに…。
100日で100万人が虐殺されたルワンダ事件を背景に、1200人の命を救ったホテルマンの決死の行動を描いた実録社会派映画の傑作。単に世界を震撼させた事件を再現するだけでなく、そもそも諸悪の根源でもある欧米の差別意識や、国連の対応などにも厳しい批判を下した勇気ある姿勢には頭が下がる思いだが、同時に人はふとしたことで英雄的行動を取ることの出来る生き物でもあることまで力強く教えさせられる。『ボクサー』などでしられるの脚本家テリー・ジョージ監督以下、まだまだアメリカ映画界には反骨の映画人が多数存在するのだ。日本公開は危ぶまれていたが、若者によるインターネットでの署名運動が功を奏し、公開が実現した話題作。夫婦のラブストーリーを主軸に、最後まで引き込まれてしまうエンターテイメントとしてすばらしい出来栄え、必見。
[PR]
# by hitati24 | 2006-10-05 18:48

設立1周年を迎えました

常陸24条の会は憲法24条を守り、生かす為の活動をしている会で、設立1周年を迎えました。
毎月の例会のほかに下記のような催しを展開しつつ、手探りで進んできました。会員の皆様には至らない事務局をお支え下さり、ご協力いただきました。心より感謝申しあげます。
2年目を迎えてこれからなお一層活発に展開したと考えています。
 一年の歩み
2005年 
2月 「ベアテの贈りもの」上映実行委員会結成
6月18日(土) 「ベアテの贈りもの」プレイベントビデオ上映会開催 (筑波学院大学)
7月10日(日) 「ベアテの贈りもの」上映会および「赤松良子講演会」開催(筑波学院大学)
7月29日 憲法とジェンダー研究会「女性国際戦犯法廷の記録」上映会(筑波学院大学)
9月18日 常陸24条の会結成
    以後毎月24日例会(学習会・読書会など)開催
11月23日(水・祝) 『常陸24条の会 秋祭り』開催
12月22日(木) 講演会「目からウロコの大掃除術」ダスキン糸井氏
2006年  
5月14日(日) 映画「ダブルシフト」上映会および「脇田能宏講演会」開催(筑波学院大学)
6月18日(日) 映画「リトルバーズ」上映会および「綿井健陽講演会」開催後援(筑波学院大学)
6月24日(土)『第26回母親大会つくば』  (つくば市の柳橋小学校)開催
   第6分科会『働く女性の人権』を「常陸24条の会」が担当
    助言者 長田満江(常陸24条の会代表・筑波学院大学教授名誉教授 )
   助言者 浅野妙子さん(国土地理院 企画部 地理情報システム推進室 課長補佐) 
8月24日例会、映画「ダーウインの悪夢」(ともいき舎)上映
9月9日 映画「白バラの祈り」(ノバホール)上映委員会に後援団体として参加

常陸24条の会のご案内
1.会の目的  憲法24条を守り、男女が平等な社会を築くための活動をします。
2. 会の組織  会員 会の趣旨と目的に賛同する個人もしくは法人
  代表1名(長田満江)を置く。事務局・会計・監査役他活動のための各部会を設ける。
3. 財政  会の運営は、会員の会費および寄付によって賄う。
    会員は、年会費3千円を収める。会費は会報の発行や運営費に使われる。
    賛助会員は、活動に参加しないが、趣旨に賛同し賛助会費(一口3千円)を納める。
4. 事務所を「ともいき舎」つくば市柴崎955-5に置く。
5.活動内容 男女共同参画を推進するためのセミナーの開催。講演会、映画・ビデオ等
      の上映会開催。学習会・読書会・交流会・相談会の開催。会報の発行。

事務局連絡先 
長田 090-7845-6599 ℡029-856-2286
小張 090-9108-0464 ℡029-862-5450
[PR]
# by hitati24 | 2006-10-05 12:16